Bossa Nova ブラジル 実在する人物

#1 Lígia / Antonio Carlos Jobim (ver. Chico Buarque)

更新日:

Bossa Novaは、生まれ故郷を旅立って、今では世界中に根強いファンがいる。日本のお洒落なカフェで聴くことが出来るその心地よい音楽は、残念ながら今日のブラジルでは聴くことができない。
Bossa Novaというのはブラジルのリオデジャネイロ、またその中でも小さな一角を中心に発生したムーヴメントだという話は、ファンの中では知られている。実際にそれに関する書籍やドキュメンタリーは数多く作られているので、ここでは割愛する。

Bossa Novaの歌詞に注目すると、恋心やリオのビーチ、女性の美しさなどを語っているものが目立つ。JobimとVinicius de Moraesの有名な曲“Garota de Ipanema”が実在する女性を物語っているという話は有名であるが、今回はJobimが作曲だけでなく作詞も手がけた“Lígia”に関するエピソードを紹介したい。

Eu nunca sonhei com você 君の夢をみたことは一度もない
Nunca fui ao cinema 映画もいったことがない
Não gosto de samba  サンバも好きじゃない
Não vou a Ipanema  イパネマにも行かない
Não gosto de chuva nem gosto de sol 雨も、太陽も好きじゃない

意味深な歌詞ではじまるので、気になって調べてみたところ、興味深い記事をみつけた。“Lígia”とは、Jobimが想いを寄せていた実在の女性だったのだ。
1968年、リオデジャネイロ。二人が出会ったのは冬の雨が降る肌寒い午後、イパネマにあるBar Velosoだった。Lygia Marina de MoraesはJobimの娘が通った小学校の先生をだった。JobimはカメラマンのPaulo Góesと共にやってきて、Lygiaと友人Cecíliaが座るテーブルに相席することに。当時既に有名だったJobimの相席をLygiaとCecíliaは快く受け入れた。その頃、Lygiaには恋人がいて、Jobimは既婚者だったため、二人きりで会うことはなかったが、複数人のグループで一緒にすごす時間が増えていった。ある日、JobimはClarice Lispectorとの対談の際にLygiaとCecíliaを同行させた。なりゆきでLygiaにポエムをプレゼントしており、メモ帳に書かれたそのプレゼントを今も大切にしまってあるという。


結局、タイミングがあわず二人が一緒になることはなかった。
月日がたって、LygiaはラジオでChico Buarqueが歌う"Lígia"を聴く。慌ててLygiaはレコードを買いに行ったそうだ。
歌詞にある“Quando eu lhe telefonei, desliguei foi engano (君に電話したとき、間違い電話だと電話を切った)”というのは、Jobimが彼女が一人目の夫と離婚したと聞いて、友人のFernando Sabinoに彼女の電話番号を尋ねたのだが、実はFernandoはLygiaと交際していたため、別の女友達の電話番号をJobimに渡したために起こった出来事を言っている。なんともドラマのような話である。
Jobim自身も、友人の恋人(妻)に想い寄せた曲というのを隠すために、LygiaのスペルをLígiaにし、緑色の目を茶色と称してカムフラージュしたが、のちに白状したそうだ。冒頭の歌詞は全て逆であり、JobimはLygiaの夢をみたことがあれば、二人は映画にもイパネマにもいったことがあるのだった。

LygiaとTom Jobim

興味深いのは、Chicoが録音した歌詞とJoão Gilbertoが録音した歌詞は一部が異なる。どうやら、Jobimがこの曲を書いている時に尋ねてきたJoãoに曲を披露したところ、大変気に入ったため、下書きだった曲を書き終わらせた。こちらのバージョンではLídiaとは関係があったように書かれている。のちに曲を再度完成させたマエストロはChico Buarqueに曲を提供する。Chicoは多少手を加えたようで、こちらのバージョンではLídiaとは関係がなく一方的な想いだった、また想いすら不確かのように綴られている。
もしかすると、Joãoに書いたほうが実話なのかもしれないが、今回は【Lygiaが聴いたChicoのLídia】をリンクしておく。

ここからは個人的な意見だが、ブラジル人はいくつになっても常に恋をしたいという気持ちをもっている人が多い。もちろんそれは良いことだが、問題なのは年齢ではなく、既婚者であるということだ。私自身も、既婚者に平気でくどかれたことが何度もある。更には、Jobimのようにそんな気持ちをうちに秘められない人も多い。やっかいごとはごめんだが、自分の気持ちに常に素直でいられるというのは、少しだけ羨ましいような気もする。

アルバム: Sinal Fechado (1974)
作詞作曲: Tom Jobim
編曲:Perinho Albuquerque
録音メンバーは軍事政権時代の影響により不明

【参考】
https://musicaemprosa.wordpress.com/2017/03/16/as-mulheres-e-suas-cancoes-ligia/
https://mulherescantadas.wordpress.com/2011/11/17/ligia-uma-quase-historia-de-amor/

-Bossa Nova, ブラジル, 実在する人物
-, , ,

Copyright© 南米音楽365日 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.