オマージュ

オマージュ

#17 Com açúcar e com afeto / Chico Buarque

ニュースの見出しに “シコ・ブアルキ、ナラ・レオンに贈った曲をもう歌わないと公言”なんて書かれていると、何が起こったんだろう?と思ってしまいますよね。これは、メディア側の少し悪意あるタイトルの付け方だなぁと思うのです。どういう事かご説明したいと思います。今年で生誕80歳を迎えるナラ・レオンへのオマージュであるドキュメンタリー番組『O canto livre de Nara Leão』ですが...
MPB

#14 VENDEDOR DE SONHOS / FERNANDO BRANT

2010年に初めてブラジルを訪れてからは、Bossa NovaだけでなくMPBやSamba、更には日本であまり知られていない北東部の音楽や最新ヒット曲まで聴くようになっていた。日本で売られているブラジル音楽に関する書籍や某評論家たちのブログやコラムを読み漁っていたので、サンパウロで本格的に生活することになった2014年には、ブラジル音楽の知識(頭的な部分のみ)はあった方だと思う。しかし、そこには...
Samba

#12 O Samba bate outra vez / Maurício Tapajós e Paulo César Pinheiro

ブラジル音楽とは、いつ、どのように生まれたのだろう。それを探るのはそこまで難しいことではない。なぜなら、ポルトガルの植民地であったブラジルが実際に独立したのは1822年と非常に新しい国であり、それ以降にブラジルで発生した音楽というのは、先代から口伝えされ、録音や楽譜として残っているものが多い。ただし、先住民やポルトガル人、奴隷としてアフリカ大陸から連れてこられた黒人、多くのヨーロッパ系移民の混血...
Choro

#3 Choro resposta ao Sumaré / ESMÊ

Choro Paulistanoという言葉を聞いたことがあるだろうか。そもそも、ブラジル音楽を聞いたことがない人にはChoroが何かというところから始めなければならないが、詳しい話は他の日に書く事にする。簡単にいうとChoroとはリオデジャネイロで生まれた音楽なのだが、そのChoroがリオから広まり、サンパウロでも演奏されるようになった。そのうち、サンパウロの音楽家たちは自作のChoroを演奏す...
タイトルとURLをコピーしました